VRについて G18036

VRは「Virtual Reality」の略で、「人工現実感」や「仮想現実」と訳されています。ここには「表面的には現実ではないが、本質的には現実」という意味が含まれ、VRによって「限りなく実体験に近い体験が得られる」とい Read more about VRについて G18036[…]

「医療システムについて」 G18014

CLINICS クラウド診療支援システム   患者とつながる初の電子カルテ CLINICSカルテは「CLINICSオンライン診療」を使うことで、電子カルテ上から患者のアプリとつながる画期的な機能を実現しました。 Read more about 「医療システムについて」 G18014[…]

MRについて 18020

VR、AR、MR。最近よく聞くこの3つの言葉。似ているが内容は少しずつ違っている。MRの話をする前に少しVRとARについても書いておいた方が良いだろう。 VRは仮想現実。映像の世界(仮想現実)に実際に入り込んだかのような Read more about MRについて 18020[…]

ビックデータとの活用と関わり方 G-18054

ビックデータとは、元々はデータ収集、収集したデータの近しい情報を集めることです。 起源はローマ帝国時代に既にあり国内の実情を正確に知る事から始まり、1890年のアメリカで機械を通して情報と集計を始めてやった 国であるそこ Read more about ビックデータとの活用と関わり方 G-18054[…]

ビッグデータについて 18020

ビッグデータとは大量のデータという意味ではなく、従来のデータベース管理システムなどでは記録や保管、解析が難しいような巨大なデータのことを指す。そのデータは人々の動きや、環境によって生成、記録されていく。 ビッグデータは私 Read more about ビッグデータについて 18020[…]

「ビックデータ」G18014

「ビックデータ」とは ※IT用語辞典では下記の通りに記載されています。 ビックデータとは、従来のデータベース管理システムなどでは記録や保管、解析が難しいような巨大なデータ群。 明確な定義があるわけではなく、企業向け情報シ Read more about 「ビックデータ」G18014[…]

デジタルデザイン論 「ビックデータの活用」G18036 

ビッグデータとは、一般的なデータ管理・処理ソフトウエアで扱うことが困難なほど巨大で複雑なデータの集合を表す用語である。 ビッグデータを取り巻く課題の範囲は、情報の収集、取捨選択、保管、検索、共有、転送、解析、可視化等多岐 Read more about デジタルデザイン論 「ビックデータの活用」G18036 […]

スマートスピーカー G17035

  今AmazonCMなどで話題になっているスマートスピーカー。スマートスピーカーとは、対話型の音声操作に対応したAIアシスタントを利用したスピーカーで、AIスピーカーとも呼ばれている。現在、多くの人がインター Read more about スマートスピーカー G17035[…]

スマートスピーカー_G17008

音声入力システムの普及に伴い、ハンズフリーでスマートフォンや家電の操作をすることが当たり前になりつつある。AIを搭載したスマートスピーカーと呼ばれるものは、Google Homeなど海外製品が多くを占めているが、日本でも Read more about スマートスピーカー_G17008[…]

〒545-0003
大阪市阿倍野区美章園2-23-9
© OCA Digital Design Course All Rights Reserved.