AI導入事例と可能性

現在、AIが私たちが、様々な形をもって身近な存在となりました。車の自動運転しかり、google・yahooなどの検索エンジンしかり

そのくらいAIの技術に慣れ始めています。 特に検索エンジンのシステムで分かりやすいのが、YouTubeで見たいものを検索をしていくことでそのひとの検索記録を統計として様々な動画が出てくる。

と言うAIの統計で分かることでその人の「好み」として捉えることができます。

もう一つすごいのが、その本ではAIがその文章を形にして、そのままの文章の書き込んだものをそのまま書籍した作品として

AIの能力の凄さが実感した作品です。

「賢人降臨」という名でbブックで発売されてます。

私はそれらの能力を鑑みて更なるAIの進化ができるで気配を感じて思いつきました。

「厳選検索」

特定の物だけのジャンルやそれに関連する

内容を専門とした元縮させた検索アプリ

その中で役に立ったものは、YouTubeの

評価ボタンです。

評価と低評価の二つに分かれ

評価ボタンでは評価され

低評価ではその評価を下した

理由としてレビューを書き込む事ができます。 

※評価ボタンにもレビューを付けれます。

この評価レビューとボタン式評価は

非評価の数が多いほど情報として削除される

評価が高いものは、上位に上がる

言った形式でWebの情報量と綿密な調査を促す事に繋がります。

上位の情報でも何年かたてば古い情報として削除されるが、

気に入ったもの、置いておくもの、

保存したいものは、保存機能としてそのアカウントのデータとして残す事ができます。

一つ例外として、上位として長く残ったものは、新聞の保管資料のように、

その年代と時期その時に有名になった情報として登録される。

登録された情報はデータとして現在の技術では長く保つ子だかできないので、実際に形として残す事ができるように書物や紙媒体などで残す。

そのレビューにはTwitterのように悪口や悪意のあるコメントはアカウントの凍結状態にする。

「死んだ」と言った言葉は

「遺体」「弔う」などの安易な

悪意に近い言動をさせないよう、

言葉を変え厳選に扱う。

それにより語彙力を意図的に上げる

必要な情報

web関連の制作に強いもの

Twitterで働いたもの

言語翻訳機能

例題   電車の乗り換え

電車の乗り換えで発生する料金の値段を見て、どうしてその値段になるのか

を質問する。

それによりAIは電車の値段の発生する情報を見て計算して、発生する値段についての解説

を行う事で発生する値段の意味を問い正す事ができる。

AIに数字の情報と映し出された文の情報

その情報に自動生成の文章をAIに覚えれば

正しく完結に分かりやすい情報を伝える事ができる。

今の段階からAIの進化をさせるなら

数の情報と書いてある情報の算出して出来る

「質問できるAI」として進化できる。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


〒545-0003
大阪市阿倍野区美章園2-23-9
© OCA Digital Design Course All Rights Reserved.