VRについて G18036

VRは「Virtual Reality」の略で、「人工現実感」や「仮想現実」と訳されています。ここには「表面的には現実ではないが、本質的には現実」という意味が含まれ、VRによって「限りなく実体験に近い体験が得られる」ということを示します。VRを通して得られるリアルな体験が、あたかも現実であるかのように感じられるということです。

VRでどんなことができる?

VRゴーグルを装着すると、視界の360°が覆われ、限りなく現実に近い世界に没入する感覚が得られます。また、近年提供されているVRコンテンツは、リモコン操作によって自分の動きがVR映像内に反映されるため、よりリアルな体験が得られるようになりました。特に、ゲームや音楽のライブなど、エンターテインメントの世界が他分野に先行して多くのコンテンツを提供しており、VRの普及に貢献しています。

また、どこにいても教室と同じ授業が受けられる教育関連、遠隔地から手術や治療を支援する医療や介護、現地に行かなくても体感できる観光や住宅販売など、さまざまな分野へVRの利用が広がっています。さらにVRでは、受け手が自由に視点を変えられることも特徴です。予め決められた内容を送信する従来型のメディアとは異なる新しい配信の形(双方向のコミュニケーションなど)が、マスメディアはもちろん、YouTuberなど個人の配信者にも求められるようになるでしょう。

VRのしくみ

VRのしくみ

VRによって仮想空間を体験できるしくみは、どのようになっているのでしょうか?
現在販売されているほぼすべてのVR機器は、ヘッドセットと呼ばれるゴーグル(メガネのレンズにあたる部分がディスプレイになっています)をかけ、顔の向きに合わせて映像を表示する(変化させる)技術がベースになっています。
映像の立体視は、ディスプレイの液晶を右目と左目に区切って映像を分けることで実現しました。左右のレンズ配置もそれぞれの映像が見やすいようになっているなど、VRの世界に浸るための工夫が至るところに施されています。また、多くのVRヘッドセットにレンズのピント調整機能が備わっており、高い没入感を得られるようになっています。

https://www.elecom.co.jp/pickup/column/vr_column/00001/

VRゲーム

beast SABRE

virtual cast

VR彼女

任天堂Switch Labo

など

VR体験

地震シュミレーション

事故・車浸水系シュミレーション

葬式(死ぬ側)

ホラー系

など

VR 種類

スマホタイプ

HMDタイプ

Oculus goなど

ゲーム機タイプ

PSVRなど

PCに繋ぐタイプ

Oculus liftHTC viveなど

https://thunss.com/2018/12/13/vr-syurui/

VR 小型化

Half Dome 3

小型化計画

https://www.google.co.jp/amp/s/www.moguravr.com/vality-vr-headset/amp/

自分が想像するあったらいいなVR

自分が過去に行った話をもとに再現して

VRとして写す

話、景色など。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


〒545-0003
大阪市阿倍野区美章園2-23-9
© OCA Digital Design Course All Rights Reserved.