ビックデータとの活用と関わり方 G-18054


ビックデータとは、元々はデータ収集、収集したデータの近しい情報を集めることです。

起源はローマ帝国時代に既にあり国内の実情を正確に知る事から始まり、1890年のアメリカで機械を通して情報と集計を始めてやった

国であるそこからどんどん機械を活用された集計コンピュータが開発されてより様々な情報が

集まったのが今のビックデータとなった。

だけどこの機械化が進むことで集計されたデータが元で情報が引き出されるが、

まだ初めてない、やったことがない事に関してはどれだけ情報があれど、それを分析して解析するにしても正確でない情報が導かれる

なのでビックデータにも知らなければ確かな情報を提供されない。

分かりやすい例としては、職業によっての男女の能力の差 ビックデータに送ると

返ってきたのが、男性側の集計したデータと女性側の集計したデータと大きな差があります。

検索時期が男性化社会が主な時期に集めようとすれば現代と比べてさらに違う

このようにローマ帝国時代のように人の手に集めた情報を考えてなければ、人に相談しその情報を

どう扱うかを考え情報を最適化するをまでの手間をしてきた。

現在のビックデータの活用では正確ではないものでもそれらを正すにもより多くの手間がかかることから、正すことが難しくなっている。

ことからAIでの活用で単純なデータをさらにわかりやすくデータの傾向を再確認することができるが、片方に偏った調べ方するのは避けてそれぞれの機会と人の使い方を誤らないよう

気おつけて判断するのがビックデータの使い方だと思います。

 

 

https://www.ted.com/talks/cathy_o_neil_the_era_of_blind_faith_in_big_data_must_end/up-next?language=ja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


〒545-0003
大阪市阿倍野区美章園2-23-9
© OCA Digital Design Course All Rights Reserved.