デジタルデザイン論 「ビックデータの活用」G18036 

ビッグデータとは、一般的なデータ管理・処理ソフトウエアで扱うことが困難なほど巨大で複雑なデータの集合を表す用語である。
ビッグデータを取り巻く課題の範囲は、情報の収集、取捨選択、保管、検索、共有、転送、解析、可視化等多岐にわたる。これら課題を克服しビッグデータの傾向をつかむことで「ビジネスに使える発見、疾病予防、犯罪防止、リアルタイムの道路交通状況判断」に繋がる可能性がある。Wiki参照

活用例

sns Twitter

・自分の閲覧などで表示される情報でおすすめに載る。

SNS pixiv

・自分がイラストなどをいいね!や閲覧すると自分のすきなものの情報が出る。

SNS youtube

・自分が見た動画がおすすめに載る。

自分の見たり、投稿とかしたものが情報・解析によっておすすめなどに載ること。

まとめ

こうやって自分の好みの情報がおすすめに載ることによって制作意欲が湧き、

自分のまだ知らなかった情報をもっと得れます。

今後自分の制作活動に有益なものになります。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


〒545-0003
大阪市阿倍野区美章園2-23-9
© OCA Digital Design Course All Rights Reserved.