スマートスピーカー_G17008

音声入力システムの普及に伴い、ハンズフリーでスマートフォンや家電の操作をすることが当たり前になりつつある。AIを搭載したスマートスピーカーと呼ばれるものは、Google Homeなど海外製品が多くを占めているが、日本でも開発が進められている。現在、SHARPがホームアシスタントを開発中だ。

http://www.sharp.co.jp/business/solution/aiot/case/smarthome/

 

これまでにも、家電単体で音声対話をおこなえるものはあったが、ホームアシスタントはそれらのハブとして機能する。ホームアシスタントに話しかけるだけで、家中の家電を操作できるようになる。

日本では、スマートスピーカーなどの利用に抵抗がある人も多い。スピーカーに話しかける、ということに照れがあるせいだ。周りに人がいるいないに関わらず、話しかけることに抵抗がある人が多いのが日本での課題だろう。

しかし、ホームアシスタントは親しみやすい丸い形状をしていて、日本らしいデザインだと言えるだろう。日本製のスマートスピーカーは、日本人に受け入れられやすいのではないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


〒545-0003
大阪市阿倍野区美章園2-23-9
© OCA Digital Design Course All Rights Reserved.