ウェアラブルデバイス_G17026

ウェアラブルデバイスとは、腕や頭部など、身体に装着して使用するコンピュータデバイスのことです。

過去12年間に、眼鏡や腕時計に加えて、ハット型、リング型、イヤホン型、などの様々なタイプのウェアラブルデバイスがあります。現在の技術では、主はスマートウォッチやスマートブレスレットのほうが成熟しています。バッテリーは長時間持続し、快適に着用でき、高い実用性は共通の特徴です。

スマートブレスレットの機能設定により、主にスマートフォンの延長として使用されており、コンパクトな外観と快適な着用に焦点を当てると同時に、連続的で安定したデータ監視を実現する必要があります。 技術開発の方向性は、低消費電力、防水性と防塵性、長いバッテリー駆動時間、形状の設計は柔軟で多様で、変形機能を備えています。

スマートウォッチは、ウェアラブルデバイスで一番人気です。スマートブレスレットの機能は、スマートウォッチが設定したの以外で、通話、カメラ、録音、モバイル決済などの機能の多様化です。

また、スマートウォッチは独立したオペレーティングシステムとWi-FiまたはSIMカードの機能を備えているため、スマートウォッチはスマートフォンから独立している傾向があり、開発する重点にも長いバッテリー駆動時間やHCIなどの技術に進んでいきます。

スマートフォンは間違いなく、前世代のIT世代の高速成長エンジンですが、ハードフェアのスペックが向上するのが限られているため、スマートフォンの成長趨勢は次第に減っています。 その代わりに、ウェアラブルデバイスの時代になるかもしれません。

ウェアラブルデバイスの製品設計上、スマートフォンより複雑で、多様です。多くの企業が多様な製品を開発しており、 新しい市場を徐々に形成されました。 将来的には新しいアイデアに基づいた新製品が増え、多くの新しい分野が開拓されるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


〒545-0003
大阪市阿倍野区美章園2-23-9
© OCA Digital Design Course All Rights Reserved.