ドローン_G17026

▼ドローンとは
ドローンは90年の歴史を持ち、最初は軍事目的で使用されていました。近年は、情報や通信やネットワーク技術を統合して、商業や農業や防衛などのフィールドを広く使われています。運転手がいなくても、無線通信システムて遠隔操作すること、及び完全自律飛行することができます。

▼ドローンは二つのタイプがあります
・回転翼機


4つのプロペラで離陸して、手作業で制御され、短い空気時間があり、Amazon Prime AirとDji Phantomなどの視線以内で飛ぶことができます。

・固定翼機


飛行距離は約10キロメートルで、飛行距離は約100キロで、GoogleやFacebookのソーラードローンなど、複数の自動運転システムを使用します。

▼最低は六つの技術を融合しています
・IoTセンサー:ドローンには様々なセンサー(熱画像、圧力、音響、放射線、化学、生物)が装備されており、無人航空機が互いに通信し、オペレーターと通信できるように、ネットワーク化された世界に接続されています。
・高度なバッテリ技術:バッテリのエネルギー密度を向上させ、無人機のクルーズ時間を延長します。 例えば、太陽電池技術を使用すると、高度のドローンが1週間飛行することができます。 小さなドローンの場合、電池は小型化される傾向があります。
・GPS測位技術:安定した飛行経路と正確な着陸位置。
・画像処理と高解像度レンズ:3D奥行き知覚キャプチャをサポートRealSenseと拡張リアリティ技術。
・3D印刷:ボディメンテナンス部品印刷。
・人工知能:機械を通して学んで、ドローンは将来独立して飛行し、自律的に動作することができます。

▼ドローンの安全性
将来的には、人口の高齢化や人材不足の問題にも対処しながら、ドローンの新しい雇用機会を創出します。 高度な科学技術は便利な生活環境を提供しますが、ドローンはただ便利だけでなく、安全性についての問題もあります。現在の技術では、安定性が低くて、急に制御されずに、建物をぶつかったこともあります。そして、不当に使用され、国家の安全を脅かされるかもしれません。なので、技術の方だけではなく、安全に関する規制と健全な管理メカニズムを完備することも大切だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


〒545-0003
大阪市阿倍野区美章園2-23-9
© OCA Digital Design Course All Rights Reserved.