バーチャルアイドルについて G17026

バーチャルアイドルとは、さまざまなパソコン技術で実在しない架空の人物を創造します。創造者は誕生日や身長や体重などの資料を記入して、バーチャルアイドルにもっと人間化にならせて、社会的ニーズに応えます。
バーチャルアイドルの魅力はただ永遠の美しい容貌をと持ってるだけじゃなく、醜聞や大物面など、人間とような汚いこともしません。
巨大な商機を見定めて、日本の初音ミクだけじゃなく、中国や韓国でも、バーチャルアイドルも作りました。

▼中国の「紫嫣」


コミュニティに基づいた初音ミクと違って、紫嫣はエリートに基づいて、創造されました。
彼女の歌は香港で有名な音楽製作者「陳少琪」に作られました。そして、本当な人間が歌って、電子楽器で演出して、音声合成足りない温度を示させます。

▼韓国の「SeeU」


造形はイラストは有名女性イラストレーターKKUEMが担当して、声のデータベースは「キム・ダヒ」の声を採用しています。

▼バーチャルアイドルの影響
2002年、「S1MONE」っていうバーチャルアイドルに関する映画を上映しました。
筋書きの発展から見て、当代特有の真実と幻の消散を掲示しました。人々がアイドルを溺れる時に、一体溺れるのが真実かそれとも妄想か?もし溺れるのは妄想で、人々はどう真実を認知しますか? ある日は、真実は妄想に取って代わられるかもしれないっていう反響が出ました。
近年、パリ症候群っていう病気が発見されました。本当の現実と想像したことの巨大な差異を気づいた時、現実に受け入れられない自分を責める、などの症状があります。
ある日、バーチャルアイドルを熱愛してる人は、本当のアイドルが受け入れられなくなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


〒545-0003
大阪市阿倍野区美章園2-23-9
© OCA Digital Design Course All Rights Reserved.