2.5次元アイドルAR performers G16-021

AR performersとは
 「AR performers」以後「ARP」コナミのゲームタイトル「ラブプラス」「ときめきメモリアルGirl`s side」シリーズをプロデュースした内田明里氏が手がけるARのパフォーマンス集団である。
 メンバーはシンジ、レイジとダイヤの二人で構成されているREBEL CROSS、そしてレオンの男性4人。一般的なARライブでは立体的に見えても観客とキャラクターが自由にやり取りをすることはなかったが、ARPは2次元のキャラクターにも関わらずファンの声援に答えたり、ライブの盛り上がりによっては歌にアレンジを加えるなど、本当に一人のアーティストとしてパフォーマンスするのが特徴である。

内田明里氏とは
 1993年コナミに入社、知育玩具「グラフィックコンピューター・ピクノ」用ソフト開発やゲームプログラマーを経てディレクターに転身。ときめきメモリアルGirl`s sideシリーズ、ラブプラスシリーズ等の開発に携わり2015年に退社。その後ユークスに入社。(ウィキペディアより)

AR performersのライブ
 ダンスに合わせて髪の毛や衣装が自然に動き、動作に合わせてアーティストの影が動く。曲が終われば暗転した会場にアーティストの姿、MCにうつるためにマイクを取りに行く動作、足音まで細かくプログラミングされている。MCではファンの質問にも即座に答えてくれ、まさに彼らがそこに存在するようだ。そういった全てのパーフォーマンスが初音ミクなどといった従来のARライブのコンテンツとは一線を画する内容だ。

公式サイト
https://home.yukes.co.jp/arp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


〒545-0003
大阪市阿倍野区美章園2-23-9
© OCA Digital Design Course All Rights Reserved.